高大連携プログラム

進路指導

高大連携教育プログラム

高大連携教育プログラム

興味のある学部、学科の授業を聴講することができます。大学の授業体験を通して自分の適性と未来を考え、大学進学を計画することができます。
(連携大学 國學院大學)

優先入学制度

東京立正短期大学

東京立正短期大学
保育士・幼稚園教諭になります

1966年(昭和41年)に創立され、幼児教育専攻と現代コミュニケーション専攻を設置しています。幼児教育専攻では2年間で幼稚園教諭2種免許と保育士資格を取得できます。現代コミュニケーション専攻には「心理」「ビジネス」「観光」の3コースを設け、卒業生の多くが社会の第一線で活躍しています。

本校から、優先入学(奨学金)制度があります。

設置専攻一覧
■現代コミュニケーション専攻
 ・ビジネスコース ・心理コース ・観光コース
■幼児教育専攻

教育提携(指定校推薦)

立正大学

立正大学

立正大学は、1580年(天正8年)に日蓮宗の教育機関として創立された檀林にその源流を求めることができる日本で最も古い伝統を持つ大学のひとつです。
現在、社会福祉学部、法学部、経営学部、経済学部、文学部、仏教学部、地球環境学部、心理学部の8学部をもつ総合大学として発展をつづけており、このうち7学部で指定校推薦があります。また、海外研修制度も充実しており、グローバルな視野に立てる学生の育成を目指しています。

指定校推薦枠があり、毎年、多くの卒業生がこの制度を利用して進学しています。

学部別入学者数(平成27年度卒業生実績)
文学部:1名 経済学部:1名 法学部:2名 心理学部:1名

高大連携教育協定

國學院大學

キャリアデザイン教育の一環として、國學院大學との高大連携教育協定を締結しました。
大学進学にあたりどのような学部・学科に進学し、学びたいかは多様です。國學院大學には5学部11学科が設置されています。高校1年生の段階から将来を見据え興味のある学部・学科の授業内容を聴講できることは価値あることと思います。

①授業の聴講

「科目等履修生」(聴講生)として大学の講義に参加することができます。
成績評価はなく、授業は無料で受講できます。
○授業時間帯 →  基本的に本校の授業が終了した放課後に大学に行きます。

  • 平日   16:10~21:00(大学の5~7時限)
  • 土曜日  14:20~21:00(大学の4~7時限)

※上記時間帯のうち生徒が希望する時間を聴講する

②図書館利用

國學院大學の図書館には約150万冊の蔵書があり、それらを利用することができます。

③経済学部のKENT-3

高大連携協定校のみのAO入試を受験できます。夏に行われる大学1年用の必修2単位授業(短期間の集中講義)を受講し、最後に試験を受けます。それに合格すればこの授業が大学で2単位認定され、さらにAO入試にエントリーすることができます。なお、この授業は高校1年次から受講可能で、一度合格すれば大学受験する時期までその権利は保護されます。さらにこの方法によって國學院大學経済学部に入学した際にはこの講座の必修2単位はすでに担保されていますので、新たにその授業を受ける必要はなくなります。

授業内容については國學院大學のホームページの中の「シラバス」をご覧ください。

「gacco(ガッコ)」

日本初の大規模公開オンライン講座(MOOC※1)提供サイト

※1:Massive Open Online Courses

本校生徒の「学び」をサポートする大学オンライン講座です。オンリーワンのキャリアデザインの実現のために活用してください。

①最高の教授陣による本気の授業

提供するのは、最高の先生(大学教授陣)の真剣講義。最先端かつ最高の知識を学ぶことができます。講義は、ネットで受講しやすいよう、1本あたり10分程度にまとまっています。

②目標を共にする仲間との白熱した論議

掲示板で、同じ講義を受講する仲間と、疑問や意見をぶつけ合ったり、教えあったりすることで、より深く学ぶことができます。また、仲間がいることが励みとなり、最後まで頑張ることができます。

③未来へのパスポート、修了証があなたの手に

「修了証※2」は、あなたの学習成果が先生に認められた証(あかし)です。修了証取得を目指してがんばりましょう!もちろん、講座を聴いて楽しむだけという方も大歓迎です。

※2:受講した講座の修了証であり、大学の単位、公的資格等を証明するものではありません

学習の流れ

  1. 講義動画・ディスカッション
  2. 選択式テスト・レポート
  3. 最終テスト・最終レポート
  4. 修了証の発行

「gacco」のサービス概要については下記サイトをご覧ください。

Return to Top ▲Return to Top ▲