卒業生メッセージ

進路指導

スタンダード・アドバンストコースから 巣立った先輩たち

立教大学 経済学部
K.Yさん(平成24年度卒業)
ソフトボール部
いつも先生に見守られている温かさを感じました。

東京立正高校では生徒の力を難関大学の合格まで伸ばしてくれる学習プログラムが組まれています。中でも7時間授業や特別講習、そして勉強合宿で、難関大学に挑む学力を身につけることができました。また、PDCAシステムで自分の学習計画と学習状況をチェックしてもらい、適切なアドバイスを受けながら受験勉強できたこともよかったと思います。

明治大学 文学部
M.Yさん(平成24年度卒業)
少林寺拳法部
志望大学のレベルを高め、 現役合格しました。

進学先を意識したのは、進路指導部からの大学のオープンキャンパスに参加する宿題がきっかけです。実際に訪問すると、大学に対する憧れが高まりました。3年になると、GMARCHレベルの入試問題を使用した演習など、入試を意識した実習がはじまりました。先生方は生徒一人ひとりの志望に沿った指導をしてくださり、文系希望の私は、国語、英語、世界史の実力をつけることができました。大学では、古代中国史を中心とした東洋史の勉強をしたいと思っています。

青山学院大学 法学部
T.Kさん(平成25年度卒業)
バレーボール部
文部両道で、充実した高校生活でした。

私はこの学校で、文部両道の大切さを身に染みて感じました。部活動だけ、あるいは勉強だけの6年間では、大学受験は成功しなかったと思います。勉強と部活動を両立させるのは大変なことでしたが、いつも声をかけてくれた友だちや、先生方のご指導のおかげで乗り越えることができました。周りの支えがあったからこそ頑張れたと思います。その気持ちを忘れずに、大学でも頑張ります。

早稲田大学 教育学部
T.Tさん(平成27年度卒業)
音楽部
クラスみんなで頑張る雰囲気があり、 勉強も高校生活も楽しめました。

クラスに連帯感や仲間意識が強くあり、合唱コンクールで優勝したことや、夏休みにみんなでバーベキューしたことは良い思い出です。勉強は、苦手だった英語を2年までは単語帳を使って語彙を増やすことに集中し、3年からは問題集に取組んだことが成功しました。1年の時から、受験を目指して計画的に勉強する意識づけをしてもらったことが良かったと思います。

明治大学 文学部
M.Yさん(平成26年度卒業)
英語部
高校生活は楽しい思い出でいっぱい。 東京立正は最高の高校です!!

東京立正での一番の思い出は、文化祭や体育祭です。クラスみんなが一つの目標に向かって一丸になったとき、それに感動した自分に驚きました。仲間と協力すること、絆を深めることの素晴らしさを実感しました。受験勉強では、先生方の協力を感じました。英語の長文読解と世界史で点数を取れたのは、お願いすればすぐに個別指導や補習をしてくれた先生方のおかげです。

法政大学 文学部
K.Rさん(平成27年度卒業)
硬式テニス部
テニスに燃えた3年間。 今度は好きな史学で燃えます!!

私の高校生活はテニス中心でした。都大会に出るための予選大会で、準決勝で負けたことが凄く悔しかった。でも、3年間熱中できる部活があったことは最高でした。受験勉強は部活を引退した3年の5月からはじめました。国語が苦手でしたが、先生に丁寧に教えてもらえたおかげで克服できたと思います。好きな史学に進むことができ、大学で学ぶのが楽しみです。

駒澤大学
I.Mさん(平成27年度卒業)
あきらめずにやり抜く精神力がつきました。

部活動は吹奏楽部です。困難にぶつかるとあきらめてしまうのが私の癖でしたが、全国出場を目指す吹奏楽部の高度な練習の中で、あきらめずに何度でもトライすることができるようになり、それは勉強にも現われました。勉強と部活動の両立は大変ですが、東京立正ならやりとげられると思います。

明治大学
N.Mさん(平成27年度卒業)
好きな水泳も学力も、伸ばせた3年間でした。

中学3年の時、スイミングクラブのコーチに勧められた東京立正の雰囲気が良く、進学を決めました。実際、水泳部と学業が両立した、充実した高校生活になりました。第一志望の明治大学に進学できたのも、東京立正ならではだと思います。この文部両道の充実感を大学でも続けます。

Return to Top ▲Return to Top ▲