進路指導

進路指導
現役進学率94%。きめ細かい個別指導と、独自のPDCAシステムとポートフォリオで現役合格に導きます。

進路指導計画

進路指導計画

進路指導スケジュール

  1年 2年 3年
キャリアデザイン
  • オリエンテーション
  • 進路ノート
    (高校生活スタート・自分発見)
  • オープンキャンパス
  • 大学ガイダンス
  • 選択説明会
  • 大学模擬講座
  • 進路ノート(職業・学問研究)
  • 進路ノート(設計図)
  • 進路ノート(2年スタート・個性と適性)
  • オープンキャンパス
  • 大学ガイダンス
  • 進路説明会
  • 進路ノート(ライフプラン)
  • 進路講演会
  • 進路ノート(進路先リサーチ 自己PR)
  • 進路説明会
  • 進路ノート(マネープランニング)
  • 大学入試センター試験
  • 説明会
  • オープンキャンパス
  • 推薦・AO入試
  • 大学入試センター試験
  • 出願
  • 一般入試説明会
  • 大学入試センター試験
  • 直前説明会
  • 大学入試センター試験
  • 一般入試
進学のために
  • 実力診断テスト
  • スタディーサポート(ベネッセ)
  • 小論文模試 小論文リライト
  • 総合学力テスト
  • 小論文ノート
  • 夏期講習
  • 冬期講習
  • 春期講習
  • 実力診断テスト
  • スタディーサポート(ベネッセ)
  • 小論文模試 小論文リライト
  • 総合学力テスト
  • 小論文ノート
  • 実力判断テスト
  • センター試験早期対策模試
  • 実力判断テスト
  • スタディーサポート(ベネッセ)
  • 小論文リライト
  • 総合学力記述模試
  • 総合学力マーク模試 小論文リライト
  • 実力判定テスト
  • ベネッセ・駿台マーク模試①
  • ベネッセ・駿台マーク模試②
  • ベネッセ・駿台記述模試③

大学進学に向けた各種イベント:進路説明会

5月 高校3年生 進路説明会 全体会とコース別分科会
*本校卒業の大学2年生、10名~12名が受験勉強、進路決定、
 大学生活などについて話をします。
7月 高校3年生 センター入試説明会
8月 高校1年生・2年生 大学オープンキャンパス
9月 高校1年生
高校1年生・2年生
文系・理系の選択説明会 
大学ガイダンス
10月 高校1年生・2年生
高校2年生
大学模擬授業
進路説明会 コース別で実施
12月 高校3年生 センター試験・一般入試説明会
2月 高校2年生

進路講演会(社会人)
本校卒業生で、社会で活躍している人、3人~4人を招いて講演を行う。

23年度 看護師 病院(消化器外科・心臓血管外科)勤務
事務職 生命保険会社営業室勤務
営業職 広告・宣伝の代理業 広告制作・販売促進戦略企画
24年度 公立中学校 保健体育科教諭
社会福祉士・精神保健福祉士 社会福祉法人 高齢者在宅サービスセンター
営業職 広告・宣伝の代理業 広告制作・販売促進戦略企画
事務職 家庭用・業務用の給湯機器、厨房機器、空調機器などの販売
3月 高校1年生・2年生 アドバンスト進路講演会(現役合格者)
現役大学合格者2~3名が、合格体験記を話す。

学力向上に向けた中学版PDCAシステム

中高6年間のグランドデザインを実行する課程で、学力向上に向けて「PDCAシステム」を実施します。

Plan

学力向上のための「学年会議」を設置し、学習指導計画ならびに生徒指導計画を作成。

Do

学年会議で決定した授業や個別指導などの計画、および生徒と保護者へのアクション計画の内容を実施。

Check

授業の指導内容や家庭学習の成果を、模擬試験・定期試験の結果で点検。

Action

点検の結果を分析会議で検討。生徒一人ひとりの現状を把握し、改善に向けたデータを作成。

Plan

作成されたデータを基に、学年会議で学習指導計画ならびに生徒指導計画の改善内容を作成。

このような実践的な機能を繰り返し、生徒一人ひとりの学力向上を図り、大学現役合格につなげていくのが「PCDAシステム」です。

グランドデザインとPDCAシステムの流れ

PDCAシステムの流れ
【ポートフォリオの作成と活用】
「ポートフォリオ」は、生徒一人一人の生活面、学習面、進路面など様々な情報を一つに集約し、PDCAシステムの中で生徒との面接等を通じてより良い学校生活を体験するためのものです。生徒の3年間・6年間の情報を利用しながらオンリーワンのキャリアデザインを創ることが目的です。

進研模試デジタルサービス

全国模試の「進研模試」を活用し、「進研模試カルテ」を作ります。志望校や目標得点を設定し、模試受験後には、音声や動画を用いた模試問題のWEB解説を自分のペースで受けることができます。また、必要な問題を復習する振り返り学習で、学力向上にも役立ちます。本校教員がこのサービスの活用をフォローします。

進研模試の活用サイクル

目標設定

進路目標検討を行った上で、目標得点を設定。受験前の学習への動機づけを行います。

自己採点・復習

受験直後に自己採点に取り組み、苦手科目・分野を把握することで、早期に復習ができます。

次回目標設定

答案や「進研模試カルテ」を見ながら、客観的に苦手科目・分野を把握し、効率的な復習ができます。

答案で復習

次回の模試の目標を設定でき、学習計画を具体的に設定できます。

放課後進学ゼミ

7_20160319_Tokyorissho_209”文部両道”を目指す本校では毎週水曜日の放課後、この日は勉強優先に「放課後進学ゼミ」開校しています。

予備校のベテラン講師が高2・高3の希望者を対象に90分英語の受験指導を行います。

中学から高1の復習に続き、「日東駒専以上の大学に現役合格の数を増やす」事を目標に皆意欲的に学習しています。

スタディサプリ

studynavi本校では文部両道を確かなものにするために、ICT教育も積極的に取り入れています。中学と高1・高2で授業や家庭学習で利用しているe-ラーニング「すらら」もその一つです。

この「すらら」では英語・数学・国語の基礎をしっかり身に付けます。アドバンストコースではさらに高2の後半から、受験に繋がる実力をつけるために「スタデイサプリ」を導入します。こちらもe-ラーニングであり、生徒が受けた到達度テストの結果に基づいた個々のラバスに従って、生徒がパソコンで予備校の先生の講義を聞きその後問題演習に取り組むという学習方法です。教科担当、担任、部活顧問など誰での生徒の学習状況がパソコンから把握できるのは「すらら」と同様です。

「スタデイサプリ」も、生徒一人一人に合ったアドバイス、励ましなどができるので効果を確実にしていくことが可能です。

今後は、英語・数学・国語だけでなく理科・社会の学習に広げたり、スタンダードコースにも導入できたらと考えております。

Return to Top ▲Return to Top ▲