最新情報

男子次のステージへ!

ソフトテニス部
2016/10/11

男子の私学新人大会決勝大会が10/9.10明法高校にて、団体戦・個人戦と行われました。本校は、団体戦・個人戦2ペアがこの決勝大会へと駒を進めました。

9日降雨の影響で、待機時間3時間以上の中、入念な準備をして初戦ベスト8を賭け、早稲田実業と対戦しました。一気に東京立正モードに持ち込みたかったのですが、なかなか思うようにはさせてもらえず0-②のストレート負けでした。一筋の光は、東京を代表するトップ選手に対して自分たちの持ち球(戦法)が通用するということでした。出足こそ遅れをとり、思うようには行きませんでした。しかしこれはある部分では想定内でした。決勝大会での試合経験不足によるものです。今後解消されることです。それより、幾度となくゲームポイントを取っているということです。これは、スコアに表れない部分ですが期待値が上がります。残念ながら現段階では差が埋まらなかったということです。この経験を今後に活かし、ファイナリストを目指します!

翌10日体育の日に、個人戦決勝大会が行われました。2ペアが全日本私学大会進出を目指して挑みました。しかしながら、2ペアともに勝ちゲームを落としての敗戦となりました。この試合は、昨日の団体戦とは全く別人の戦いになってしまいました。しっかり攻めきることができず、空回りしての自滅でした。監督の不甲斐無さを感じる試合でした。もう一度整理して、新進大会・インドア予選へと挑んで参ります。2日間ご支援・ご声援ありがとうございました。今後とも心強いご声援をお願いします!

DSC_0008
上段;9日関係者全員で水取り 中段;団体戦開会式 下段;個人戦開会式
Return to Top ▲Return to Top ▲