総会・会員

卒業生の方へ

総会

総会報告

講堂の正面にある桜の木もすっかり若葉を付けて、総会に訪れる皆さんを元気に迎えているかのようでした。受付の始まる10時を過ぎる頃から講堂の入り口は、かつて乙女だった同窓生が大勢集まり急ににぎやかになってきました。
例年の事ですが、総会にかける期待の大きさを身に沁みて感じる瞬間でした。

第1部 午前11時 澤田幸雄同窓会名誉会長(現校長)をはじめ、舩越公道元校長先生、神保發江(旧姓田口)先生、渡辺道子(旧姓金井)先生、楠原節子(旧姓八束)先生、稲尾啓樹先生をお迎えして盛大に開催されました。司会は三浦副会長(高校12回生)。小畑会長の挨拶 澤田名誉会長のご挨拶があり、続いて活動報告、会計報告、監査報告がそれぞれの担当者からなされました。 恩師の紹介では芦沢顧問(高校9回生)が、各先生との思い出話やご指導いただいた事を紹介したあと、4名の先生方からお一人おひとり近況報告等を伺いました。毎回多くの方が楽しみにしている在校生吹奏楽部による演奏が始まりました。会場は何度も大きな拍手に包まれつつ、最後の校歌斉唱では懐かしさに思いを込めた声が高らかに響き渡りました。

第2部は会場を食堂に移し、懇親会が開かれました。座席は恩師席を中心におおむね回生ごとに集まり、お食事をとりながらの雑談には笑顔があふれていました。会長より回生ごとの紹介があり、今年は出席が少なかった高等女学校卒の方々にはひときわ大きな拍手が送られていました。恒例の福引大会では、当たり番号が読み上げられるたびに一喜一憂するものの楽しいひと時でした。全員で「花」を斉唱し、閉会となりました。卒業後30年が経ち、学校がより懐かしく感じるおよそ48歳を迎える方々に是非母校においで頂きたいと 5年前からホームカミングの制度を設けました。今年は高校38回生がその対象で、6名の方が参加して下さいました。会費が無料となります。
来年は高校39回生です。幹事が決まっていなくても、互いに思い切って声を掛け合えばきっと実現できると思います。お待ちしております。高校18回生は今年70歳、古稀のお祝いをとの幹事の呼びかけに48名が集まり、総会第1部を終えてから特別教室会議室を借り切ってにぎやかに同期会を開きました。古稀に限り同期会に対して会からお祝い金が贈られることになっております。また高校35回生も幹事のお誘いで10名が総会に参加し、懇親会を特別教室小会議室にて開きました。食堂とは違って少人数でゆっくりと寛いで談笑していました。閉会後、希望者には校内理事の田島先生の案内で校内巡りが行われました。

同窓会総会「ホームカミングデイ」に参加して(感想)

高校38回菫組 橋本 若生(旧姓 辻)

 今回同窓会に参加したきっかけは「ホームカミングデイ」という企画があったからです。
内容は卒業後30年経った生徒をご招待して頂けるというものでした。送られてくる「むらさき」には必ず目は通していたものの、特に同窓会に参加するまでの勇気はなかったのですが、あの楽しく若かった時代から、もう30年も経ったのかと・・・懐かしい気持ちと、友人からの誘いもあって参加することにしました。
学校を訪ねること自体卒業以来で、時間より早く行き友人と校舎の外を一周歩きました。今この年齢になって学校を見渡してみると、沢山の木々が生い茂り自然に囲まれ、校舎も広く都会の学校には、めずらしく、とても恵まれた環境だったなー、と感じました。
同窓会では講堂で在校生の吹奏楽部の演奏を聞かせて頂き、とても上手で驚きました。
それもそのはず、東京都の大会で金賞を2度も受賞しているとのことで、若さ溢れるパワフルな演奏に感動しました。
懇親会場で食事の時に同級生と会いました。参加したのは6名でした。最初は誰だっけ?という感じでしたが、顔をよ~く、見てお話をしているうちにはっきり思い出すことができました。学生時代の懐かしい話、お互い元気で再会できたことがとても嬉しく思いました。
その後同級生たちと校舎を周り「資料室」で懐かしの代々の先生達の写真を見て、大騒ぎしました。
今回は私たちを担任してくださっていた先生方はいらしていなかったので、是非機会があったらお会いしたいと思いましたし、今回参加できなかった同級生たちも、次回はもっと沢山参加できれば良いなと思います。
今回参加できた6人とは来年ねと言って再び会う約束をして別れました。
東京立正で高校生活を送れたことを30年経った今改めてよかったなと思える一日になりました。
同窓会役員の皆様素晴らしい企画をしていただきありがとうございました。

同期会の皆さん

会員

会員の組織(昭和元年1926年女学校として創立)

学校法人 堀之内学園    創立者 岡田日帰上人(堀之内妙法寺第30世山主)

歴代理事長
第2代 堀 日正上人 昭和6年から
第3代 大塚教偉上人 昭和37年から
第4代 小林教明上人 昭和40年から
第5代 茂田井教亨上人 昭和50年から
第6代 駒野日法上人 昭和59年から
第7代 嶋田日新上人 平成18年から
第8代 山田日潮上人 平成26年から
名称 卒業回生 歴代校長
立正高等女学校
(昭和2年度より)
1回生(昭和6年3月卒)~
19回生(昭和24年3月卒)
高島平三郎先生(昭和2年4月28日創立記念日から)

堀 日正先生  (昭和20年度から)

立正技芸専修女学校
(昭和3年度より)
1回生(昭和6年3月卒)~
10回生
立正第一女学校
(上記校名改称)
(昭和6年度より)
11回生~13回生
立正高等技芸 1回生 馬田即貞先生  (昭和22年度女学校から)
        (昭和22年度中学から)
        (昭和23年度高校から)
岩本経丸先生  (昭和40年度から)
石川教統先生  (昭和46年10月から)
舩越公道先生  (昭和62年度から)
廣川富男先生  (平成10年度から)
      平成14年4月男女共学となる
山口隆也先生  (平成15年度から)
宮下 隆先生  (平成20年度から)
澤田幸雄先生  (平成25年度から)
東京立正中学校
昭和22年度学制改革により中学校となる。
平成17年3月男子卒業生誕生
一部の方
1回生(昭和23年3月卒)
~ 現在70回生
(平成293月卒業)
東京立正高等学校
昭和23年度学制改革に より高等学校となる。
平成17年3月共学となって最初の男子卒業生誕生。
1回生(昭和24年3月卒)
~現在69回生
(平成29年3月卒業)
賛助(教職員) 旧・現教職員
クラス名称 女学校 白蓮・青蓮・梅・桜・藤・蓮・菊・菫・葵・蘭
技芸・第一・高等技芸 百合・橘
高校(中学) 松・杉・菫・蓮・葵・藤・蔦・菊・蘭・百合・梅・桃・桜・柏・橘・榎
A・B・C・D・E・F・G

ちょっとヒント
1926年-25=昭和元年(下2桁のみ)
1989年+12=平成元年(下2桁のみ)
高校1回生は昭和24年3月卒業です。 平成の卒業は平成+40が回生です。
ご自身の卒業年度を忘れた時に参考にしてみてください。

名簿係からのお願い

年1回発行の会報「むらさき」の通信ですが皆様の返信の増えることを願っています。
名簿のより充実のため友人・お知り合いの方で会報の届いていない方がおいでになりましたら会報をお送りできます。住所をお知らせください。メールでも可能です。
回生・クラス不明でも旧姓・年齢をお書きいただければ大丈夫です。

会員

総会返信ハガキより(※原文のまま)

御盛会でありますよう、ご期待申し上げます。もうすぐ83歳になりますが、国認定の公益法人の理事長をしております。(高校教諭 E.N. 先生 京都市在住)

私は今年の9月で90才を迎えることになりました。足、腰に来ますね。そんな時、肺炎にて1ヶ月の入院でした。その後の疲れ大です。そのため失礼し、成功を祈ります。(高校教諭 K.H.先生 千葉県 富里市在住)

昨年も12月初めに (高校)13回梅組の方々とクラス会のひと時を楽しみました。元気いっぱい、個性豊かなクラスです。(高校教諭 A.M.先生 茨城県 石岡市在住)

2月24日に100才を迎えて内閣総理大臣、東京都知事、杉並区からもお祝いをいただき、あかるく元気ですが家にいて
体操をして、明るく笑顔で。学校の発展を祈っています。(高女4回生K.W. 杉並区在住)

いつも学園ニュースを有難うございます。今でも目に浮かびます、90才を超えていますが昔の事は、たのしい事と思いだされます。ありがとう(高女14回生 Y.M. 京都府 亀岡市)

拝見しながら、通学路の妙法寺の前など懐かしく思い出しながら、家が京王線笹塚駅に近く、火、金の2回デーサービスに通うのが何よりの楽しみで、米寿の祝いも、3人の息子夫婦に伊豆で祝ってもらいました。見守られて、一人の生活を規則正しく出来ることに毎日感謝しています。(高女15回生 Y.T. 世田谷区在住)

むらさき... 今年も拝見でき夢の様です。また 拝見できるよう元気でがんばりたいです!!アリガトウ!!立正がんばって!!(高校4回生 S.K. 千葉県 四街道市在住)

一期一会。ぷっつりと切れる通信、電話、最近寂しい思いをしています。身体に気をつけましょう。役員、理事の方々感謝いたします。(高校5回生 A. H. 杉並区在住)

同窓会むらさき、楽しみに待ってました。今の学校の様子・先生方・会長様の御挨拶など、遠い昔の、私が生徒だったころを思い出しながら読みました。校歌が自然と口から涙と共に...(高校6回生 T.S. 清瀬市在住)

年に1回「むらさき」から同期会、クラス会の写真に、もしや知っている方が写っているのではと拡大鏡で探してしまいます。又、かつての恩師の情報、ご健康を案じています。(高校6回生 K.M. 静岡県賀茂郡在住)

同窓会のご案内を頂くと年を忘れそうで、なつかしく思います。平和な時代でした。新聞、ニュースと不安な時代になりました。一人で出掛けられることは幸せに思います。(高校9回生 M.S. 浦和市在住)

今年も「同窓会総会」のお便りを有難うございました。私の孫も高校の3年間をお世話になり「チアリーダー」部でも学ぶことがいっぱいあり、感謝しています。皆様もお体ご自愛ください。(高校11回生 M.I. 中野区在住)

つい先日、子供を通して知りました青年(年の差有り)、何と私のずっ~とずっ~と後輩と知り、驚きました。共学になって2回目の卒業とのことだそうです。生徒会長を2期務めたそうです。とても好青年で、今、区内で仕事に励みとても人望厚く、また、良き父親もしています。母校で学んだものが、人柄とも花が開いて行っています。そんな後輩に嬉しい気持ちで一杯です。(高校11回生 T. Y. 杉並区在住)

50年以上前になる訳ですが、中学、高校と本当に楽しい学生時代だったことは忘れません。大げさにいえば、人生の原点だったかも知れません。(高校15回生 T.M. 狭山市在住)

94才の母を自宅介護の道を選びました。認知症、脳梗塞(左半身不随)で動けず、点滴のみで食事できません。母の生命のある限り、身近で見守れることを、今は良かったと思い毎日看病しております。 “むらさき”が届く度に、学校時代のことがよみがえってきて、楽しんでおります。(高校15回生 M.I. 横浜市在住)

昨年は卒業以来初めての出席でした。52年振りでしたが、ヒマラヤ杉・講堂など変わらずに、ほんとびっくりするやら懐かしいやらで、楽しい一時でした。(高校16回生 M.H. 新座市在住)

前回のオリンピックの時、18回生のアルバムの中に、練習に使わせていただいたお礼として、選手が体育館にて演技をしている写真。また、オリンピックが見られるか? それまで頑張ります。(高校18回生 K.H. 日野市在住)

2年前に出席させて頂きました。男子が入学しての新しい立正を見せてもらい、今では珍しいほどの広々とした校庭や校舎が懐かしかったです。(高校18回生 K.K. 江東区在住)

週3回のプール通い、月2回のコーラス 大声を出して体力維持、3才のかわいい孫と毎日笑い転げ楽しんでおります。吹奏楽部定期演奏会(3月24日)練馬文化センター、「むらさき」が届いた日が3月24日、行く事ができず残念、練馬文化センターは近くですので次回を楽しみにしております。皆様のご健康を!!(高校18回生 T.K. 中野区在住)

毎年「むらさき」を楽しみに待っております。今回、徳江先生、江畑先生の訃報を目にして、懐かしさと寂しさを感じています。私の姉たち(7回生、12回生)も他界しております。今後ともよろしくお願いします。(高校19回生 J.K. さいたま市在住)

いつもお世話さまになっています。きれいな空気の元で、近くには近江富士が見え、川には大きな鯉が泳いでいます。川の両側には桜が咲ききれいです。家庭菜園をして楽しんでいます。(高校20回生 F.T. 滋賀県野洲市)

花笠音頭が引きつがれているとの事、なつかしく、自分もやったと思いだしました。(高校20回生 K.S. 多摩市在住)

同総会参加も機会を作れず残念な思いのなか、毎回届く「むらさき」を楽しみにしております。女子高から共学になり、私の在学中の女子高とは違う様子をうかがい知ることが出来、嬉しく思っております。(高校24回生 M. F. 松本市在住)

来年には還暦を迎える年となりました...と思うと、感慨深いものがあります。少人数の仲の良かった友と数年おきに会っています。ちなみに皆(3人)未亡人です... 不思議ですね。(高校28回生 K.M. 三鷹市在住)

のびやかで、楽しかりし高校時代をありがとうございます。貴短大を卒業後ナースとなり、引き続き学びを深める毎日です。(高校30回生 E.S. 住所無記載)

今回の会報で西森源太先生の記事を拝見いたしました。体育を教わっていたので、大変、懐かしく思い出しました。お元気そうで安心しました。これからも健康に気を付けて、お元気で居て下さい。(高校31回生 K.O. 深谷市在住)

  • 組織
  • 活動報告
  • 総会
  • 会員
  • あゆみ
  • 校歌
  • 会報「むらさき」のダウンロード
Return to Top ▲Return to Top ▲