建学の精神・理念/沿革

学校の紹介

建学の精神

昭和元年(1926年)堀之内妙法寺30 世岡田日帰上人により「五重塔を建てるよりも、学校をつくって人間の塔を建てよう」という誓願と決意をもとに設立。

建学の理念

生命の尊重・慈悲・平和

 

三つの誓い(努力目標)

 

一 どんな困難にもくじけず、自分を高め、心をみがき、個性を伸ばすために、すすんで勉学の道に励みます。

一 喜びも悩みも分ちあい、学びあい、助けあい、信じあい、明るく楽しい学園生活をおくるよう努めます。

一 命を尊び、自然の恵みに感謝し、すべての人の幸せと安らかで平和な社会の実現に尽くします。

沿革

1926年 立正高等女学校設立認可
1927年 開校(初代校長 高島平三郎)
1937年 創立者 岡田日帰上人 記念講堂落成
1948年 新制度による東京立正高等学校認可
1959年 鉄筋三階の本館完成
1962年 総合体育館、 プール、東館完成
1966年 東京立正女子短期大学 英米語学科開学
1982年 特別教室、図書館、ホール完成
2000年 講堂改修
2002年 本館改築、 第二体育館新築完成 男女共学スタート
2005年 東京立正短期大学が共学としてスタート
2011年 創立85周年
2016年 創立90周年
Return to Top ▲Return to Top ▲