ICT教育

中高一貫イノベーション

ICT教育(情報通信技術)

電子黒板の導入による授業の質の向上や、タブレット端末を使っての「すらら」の活用など、ICT教育を充実させ、生徒の学力向上を図ります。

学力向上を導く、学習プログラムの連携

eラーニング「すらら」

学力アップのためには、授業を中心に予習と復習が重要です。そこで、自立学習応援プログラム「すらら」を活用。パソコンを使い、自宅や学校で学習します。授業で「理解」し、eラーニングで「定着・根本理解」を行います。

「すらら」ログイン画面はこちら

生徒支援システム「Classi」

毎日の授業や部活動に取り組む姿勢など、多くの教員の目で見た生徒の状態や、定期テストや模試の結果、また、自宅学習など生徒自身が自分の行動や思いをパソコンやスマートフォンを使って日々入力します。これらの記録を「生徒カルテ」として一括管理するのが「Classi」です。このシステムにより、教員は生徒一人一人を多角的に理解することができ、より適切な学習指導や進路指導を行うことができます。

「Classi」ログイン画面はこちら

Return to Top ▲Return to Top ▲