高校のキャリア教育

高校

将来の道を大きく広げる、キャリア教育

キャリアノート

3年間のキャリア教育の基本となるのが、テーマ別ワーク教材「キャリアノート」です。オープンキャンパス参加、大学ガイダンス、大学模擬授業を通して、希望する学部や学科を絞り込んでいきます。2年後半には受験する大学を確定し、受験への対応に移行していきます。

キャリアノートのポイント

大学の授業を体験する

大学進学に向けて、どのような学部や学科を選択しようとしているかは学年が上がるにしたがって明確になります。とはいえ高校1年生にとっては大学そのものへの理解がまだまだの状況です。明確な進路決定のためには早い段階から大学の特徴や学部・学科の内容を理解することが大切です。そのための方法がいくつかあります。大学オープンキャンパスへの参加、大学ガイダンス、大学見学、大学模擬授業などです。本校ではさらに実際に大学に訪問し、大学生が勉強している授業そのものを聴講し、興味ある内容を明確にさせ、進路への積極性を高めるためのシステムがあります。それが高大連携プログラムです。

高大連携プログラム

「オープンキャンパス」への参加

高校1年生・2年生 夏休みの宿題として行われています。
大学2校に行き、オープンキャンパス、学校見学会、模擬授業などに参加します。
大学の施設、教職員、学生にふれることによって、具体的な学校理解を深め、進学の意識を高めます。
「キャリアノート:進学 リアル体験」を使用し、体験した内容を記録し、自己の適性にあった進路先を見つける指針とさせます。進路に関する研究を意欲的に行うことができるようになります。

「大学ガイダンス」「大学模擬授業」

生徒ひとり一人のキャリアプランを創ります

高校1年生・2年生を対象として開催されます。
1年生に対しては、「キャリアノート」の中の「職業 いろいろ発見、高校3年間の設計図」につながるイベントです。高校と大学との違い、大学進学に向けた学部・学科の特徴を理解することが目標です。
また、2年生に対しては、「キャリアノート」の中の「あなたの個性と適性」につながるイベントです。進学したい学部・学科を詳細に理解し、希望大学を明確にすることが目標です。

大学ガイダンス
  • 文・外国語・教育分野
    文学部、比較文化学部、教養学部、心理学部、神道文化学部、仏教学部
  • 法・経済・社会・国際・総合科学分野
    経営学部、経済学部、法学部、国際関係学部、政治経済学部、現代法学部、商学部、人間関係学部、社会情報学部、コミュニケーション学部、人間開発学部、政経学部、人間開発学部、人間科学部、未来科学部、国際地域学部、21世紀アジア学部、メディア学部、社会福祉学部、ライフデザイン学部、環境学部、グローバル・コミュニケーション学部、観光学部、地球環境科学部、グローバル・メディア・スタディーズ学部、教育学部、外国語学部、情報環境学部
  • 理・工・農・水産分野
    理工学部、情報通信学部、情報理工学部、理学部、工学部、コンピュータサイエンス学部
  • 医・歯・薬・保健衛生分野
    医学部、薬学部、医療技術学部、医療保健科学部、現代ライフ学部、応用生物学部、生命科学部、健康メディカル学部、ヒューマンケア学部、地域医療学部、健康科学部、医療保健学部、看護学部、体育学部
  • 生活科学・芸術分野
    家政学部、デザイン学部

大学ガイダンス参加大学(27年度)
杏林大学、工学院大学、國學院大学、国士舘大学、駒澤大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、帝京科学大学、東海大学、東京電機大学、東洋大学、日本大学、武蔵大学、武蔵野大学、立正大学

大学模擬授業
27年度
  1. 「人間にとって食べることとは‐食と栄養と健康を考える」
    杏林大学(保健学部)
  2. 「経済って何?アベノミクスから考えよう」
    國學院大學(経済学部)
  3. 「桃太郎と猿蟹合戦」
    國學院大學(文学部)
  4. 「親子と法 誰でも知ってる親子関係を法律を通して見てみると」
    国士舘大学(法学部)
  5. 「体重コントロールを『食べる・身体を動かす』から科学する」
    電気通信大学(総合情報学専攻 共通教育部)
  6. 「『空気を読める』ロボットを考える」
    東京電機大学(工学部)
  7. 「都市のグリーン・インフラをデザインする」
    東京都市大学(環境学部)
  8. 「都市計画とまちづくりについて」
    東京都市大学(都市生活学部)
Return to Top ▲Return to Top ▲