最新情報

ラストゲーム ~7回表・裏~

中学ソフトボール部
2020/8/21

最終回の7回表

東京立正は8番から。

センターのエラーで1塁に出塁したものの盗塁失敗と次のバッター空振り三振で2アウト。


上位打線へ。


相手ピッチャーのチェンジアップに対応してショートを超えるヒットで2アウト1塁。

しかし続くバッターが空振り三振でスリーアウトチェンジ。

そして7回裏1点差。抑えれば勝利。

上石神井中は6番バッターからの攻撃。

見逃し三振で1アウト。あと2人。

続く7番バッターはフォアボールで1アウトランナー1塁。

8番バッターはセカンドフライに打ち取ったがそのボールを二塁手が落球。

ボールは一塁手の前に転がり2塁に転送して1塁ランナーフォースアウトで2アウト1塁。あと1人。


続くは9番バッター。抑えれば勝ち。1塁ランナーが返れば同点。バッターランナーが返ればサヨナラ負け。
打球は右中間を真っ二つに転がる長打。上石神井中学校グランドの逆の端まで転がり、負けを覚悟したが、センターからセカンド、セカンドからピッチャー、ピッチャーからキャッチャーに見事に転送されて打ったランナーをホームでタッチアウト!1点の加点に抑える。

1塁ランナーがホームインし同点にされたものの、バッターランナーをホームタッチアウトで7回裏を切り抜け、タイブレークに突入することになりました。

7回を終わって、東京立正中 3-3 上石神井中

タイブレーク突入

続く・・・

Return to Top ▲Return to Top ▲