最新情報

松江全中に行ってきました。

中学女子バレーボール部
2018/8/28

8月21日に松江総合体育館において開会式が行われました。
体育祭で鍛えられているので行進は堂々と行う事が出来ました。
8月22日。いよいよ予選が開始されました。本校の初戦の相手は、九州チャンピオンの福岡女学院中学でした。セッター以外の全員が攻撃できるチームに対しレシーブで本校は対抗するものの23-25で第1セットを落としてしまいます。第2セットも括抗した展開になりましたが中盤本校にミスが出てストレートで敗れ、敗者復活戦に回ることになりました。
対戦相手は青森県代表、三沢第2中学校でした。東北勢らしく粘り強いレシーブが特徴のチームでした。本校がリードしては追いつかれるという嫌な展開でしたが、「もう後がない」という「崖っぷち」の状況から底力を振り絞り25-23で何とか第1セットを先取。第2セットは精神的な余裕が好プレーを生みだし25-16でストレート勝ち。
決勝トーナメントへ残ることができました。
8月23日は昨日の初戦同様、福岡県代表上毛中学との対戦でした。昨年3位になっている伝統校でレシーブ力には定評があるチームです。第1セットは本校のエースが力強いスパイクを放ち、さらには相手ブロックが完成する前に打つクイックも決まり20点まではどちらが勝ってもおかしくない状況でした。
しかし、本校のほうが大事な場面でミスを出し、21-25で第1セットを落としてしまいます。第2セットは本校の単調な攻撃はレシーブされ苦しい戦いになりました。しかしクイックは決まります。後半は『逆転か』と思わせるところまで粘りましたが、残念ながら21-25でこのセットも落とし、本校の2018年の夏が終わりました。
 悔し涙が止まらない3年生でしたが、2年連続の全国大会出場は誇らしいことです。2018年の夏。今年も3年生が「立正魂」を見せてくれました。こうして後輩達も「必ず来年も全国大会に出場しよう」と誓ったはずです。

試合の後は出雲大社へ行き、その後は近くの海で後輩達と最後の円陣を組みました。

Return to Top ▲Return to Top ▲