瞑想・心を育てる教育

中高一貫イノベーション

瞑想

心を育てる教育・瞑想の時間

心の安定と不屈の精神を養う「瞑想」

毎週月曜日の朝、全校生徒が講堂に集まり「瞑想」をします。
瞑想は近年、プロスポーツ選手や世界的に有名な企業が取り入れていることで注目されています。本校では創立以来、「自分を見つめ、心の安定を図る」ことを目標に導入しています。
目まぐるしく変化する世の中で人々は情報にふりまわされ、自分を見失いがちです。静寂の中、軽く眼を閉じ、ゆったり呼吸をすることで、自ずと穏やかな気持ちになり、自分を取り戻すことができます。
自分を見つめ、心の安定を図る「瞑想」、思いやりの心を育む「報恩感謝」を中心とした情操教育を通して、豊かな人間性を育てます。

ノーチャイム

時間の大切さを体感する

2019年度から、本校ではチャイムを廃止しました。チャイムという合図から解放され、生徒も教員も自らが自由と責任を背負って時間を管理する側になりました。

いのちの授業

生命の尊重

年に1回、助産師さんに来てもらい、出産のビデオを見ながら話を聞きます。生徒たちは感動するとともに、命の尊さについて深く考えるきっかけになります。その後、赤ちゃんとのスキンシップも行い、そのかわいらしさに自然と顔がほころび、思いやりや慈しみの気持ちを実感します。また、プライベートゾーンの講習も実施しており、心と身体が成長していく生徒たちをサポートします。

芸術鑑賞会

”本物”に触れる教育

  • 2020 年度 新型コロナウイルスの影響で中止
  • 2019 年度 新国立劇場演劇『オレステイア』
  • 2018 年度 帝国劇場ミュージカル『モーツァルト』
  • 2017 年度 劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』
  • 2016 年度 帝国劇場ミュージカル『天使にラブソングを』
  • 2015 年度 劇団四季ミュージカル『リトル・マーメイド』
Return to Top ▲Return to Top ▲