本校独自の教育

中高一貫イノベーション

クロス・カリキュラム(教科横断型)

アクティブ・ラーニングの実践例でもある本校のクロス・カリキュラム。教科の枠を超え「理科」「社会科」「技術・家庭科」「食育」を統合的に学び、学習課題に取り組みます。「食と人のかかわり」をテーマにした体験と学びで、グループでの恊働学習を通じて、自然から生きる力を育みます。

理科の学び

良質な土壌作りからスタート!!

理科の学び

「芽かき」の意味を学びます。

理科の学び

実りの様子もしっかり観察します。

理科の学び

自然のめぐみに感謝して畑納めです。

理科の学び

収穫です。自分たちの育てた野菜に感激。

理科の学び

成長に必要な栄養素の学習

社会科の学び

流通ルートや収穫高などを調べます。 自分たちが収穫を経験した農作物の 調査なので、学習意欲が高まります。

技術・家庭科の学び

収穫した野菜をみんなで調理します。

食育の学び

他学年とのふれあいも楽しい食事会。 野菜が好きになり、健康な体作りにつながります。

フレンドシップ・ランチ

月に1回、中学1~3年生まで学年を超えて食堂で行われます。他の学年の生徒との触れ合いを深め、誕生日の生徒はすべての生徒に向かって一言話をすることになっています。「これから何をしたいか」「何を頑張りたいか」など様々なことを話し、発言力を身に付けています。また、会食のはじめと終わりには本校の伝統である「食法(じきほう)」を行い、多くの恵みによって生かされていることに感謝します。

食法(じきほう)
はじめに
  • 合掌
  • 食法(じきほう)
  • 本日も四恩の恵みによりまして、無事にお食事の
    いただけますことを、ありがたく感謝致します。
  • いただきます。
終わりに
  • 合掌
  • 食法(じきほう)
  • 本日も四恩の恵みによりまして、無事にお食事の
    いただけましたことを、ありがたく感謝致します。
  • ごちそうさまでした。

主体的・対話的で深い学び

アクティブ・ラーニング

生徒が自発的に学びに参加することを目指すアクティブラーニング。知識を習得するための講義型授業の合間には、例えば生徒がペアになって互いに教師役となる授業を行います。自分が分かっていることでも、体系的に伝えなければ相手は納得できません。単に勉強をするだけでなく、伝える難しさ、なぜ相手がわからないかを知ることは、生徒の視野を格段に広げます。

親身な学習指導体制

本校では、生徒が希望の進路を実現できるよう万全できめ細かい学習指導体制で全面バックアップしています。教師陣は、生徒一人ひとりが基礎をしっかり身に着けさせ応用できる学力を十分に身につけられるよう親身に指導します。中学1年次から高校3年次までそれぞれの時期に応じた全国模試や、学力診断、合宿講習などの多彩なプログラムで着実に学力アップを図ります。また英検・漢検・数検などの資格取得のサポートも行っています。

基礎基本を定着

日頃の授業の充実が基本と考え、さらにその上で課外補習講習も活発に行い、分かる授業を心がけています。

卒業生がサポート

放課後16時~19時、本校卒業生が生徒の宿題や自主学習をサポートする「チューター制度」があります。生徒がやりたい学習を自分のペースで行います。また、長期休暇時の特別講習やマンツーマン補習、個別課題学習などで教科担当者が責任持って指導しています。

生徒の意欲をバックアップ

中学では英検・漢検・数検などで各学年に目標を設け、挑戦しています。高校では、より高いレベルを目指すために各教員が指導・講習を実施、さらに外部模試や外部講師による英語講習も実施しています。

外部検定試験対策

漢字検定、英語検定、数学検定

各検定とも全員が年に2回以上受験します。1年生は5級、2年生は4級、3年生は3級取得を目指します。

さまざまな検定の取得

書道検定、歴史検定など、生徒一人ひとりの興味や特技を生かして知識を深め、自信を持たせます。

平日の個別相談お申込み
Return to Top ▲Return to Top ▲