最新情報

第57回定期演奏会を行いました。

吹奏楽部
2019/4/8

 こんにちは!あったか~いBand音楽するBand東京立正吹奏楽団です!!

先月3月27日(水)に新宿文化センター大ホールにて創部60周年記念第57回定期演奏会を行いました!!

第Ⅰ部は華やかで力強い「国民の象徴」から始まり、「ハスケルの暴れ小僧」や、「DIXIELAND JAM」などのソリストが目立つ曲を演奏ました!!そして最後には、A.ボロディン作曲の「交響曲第2番より」でしめくくりました。この曲は夏のコンクールや日本管楽合奏コンテスト全国大会で演奏した、とても思い入れ深い曲でなので特別な想いをもって演奏しました。

第Ⅱ部は東京立正スペシャルマーチング・ポップスステージということで、マーチングではドリルなどを披露しました。ポップスでは「ティコティコ」でシロフォンの2人が目隠しや回転をしながら演奏し、たくさんの歓声を頂きました。合間には「夜明け」という合唱曲を歌い、また客席での手話も披露しました。そして創部60周年記念ということでダンサーと一緒に「アメリカングラフティー」を演奏し、Ⅱ部では全7曲を披露しました。一から部員たちで考え構成し、とても大変でしたが本番ではお客様と一緒に盛り上がることができ最高のⅡ部となりました!!

Finaleはメインゲストの坂戸真美さんのパイプオルガンと、いつもお世話になっているプロの講師の先生方3名、OBOGと一緒にC.サン=サーンス作曲「交響曲第3番『オルガン付』より」と、E.エルガー作曲「威風堂々第1番」の2曲を演奏しました。パイプオルガンとの共演は初めての経験で、部員たちに感動を与え、お客様にも感動して頂くことができました。

アンコールはBelieveを含めた4曲を披露しました。このBelieveは私たちの伝統の歌もあり、たくさんの思い出を作った歌です。後輩たちは感動の涙を流しながら、高校3年生の背中を見送り、第57回定期演奏会の幕を閉じました。

高校3年生と最後の本番であり思い出に残る最高の定期演奏会になりました!!
この定期演奏会が成功したのはホールスタッフさんや友の会の皆さん、OBOGなど多くの方々のおかげです。本当にありがとうございました。
これからは高校3年生の意思を継ぎより良い部活にしていきます!
ありがとうございました。

Return to Top ▲Return to Top ▲