最新情報

【高校2年生】沖縄修学旅行

学校だより
2019/2/15

高校2年生は平成31年1月23日から26日にかけて沖縄修学旅行に行って参りました。

初日は平和学習が中心でした。「ひめゆりの塔」では全員で作成した千羽鶴を慰霊塔に奉納し平和を祈り黙祷をささげました。ひめゆり平和祈念資料館では、学芸員の方の体験ビデオを用いた解説を聞き、当時の高校生がどのような生活を強いられていたかなど「沖縄戦の真実」を知りました。その後も県立平和祈念資料館、平和の礎を訪れました。生徒達にとって「平和」について深く考える貴重な体験になりました。

 

2日目は、旧海軍司令部壕、糸数壕を見学しました。

糸数壕では当時600人以上の人々が暗闇の中で生活し定ました。その過酷な状況の一端を知る機会を得ることができました。自分たちがどれだけ幸せな環境で生きているのかを実感することができました。

午後から北部への移動となりました。途中エメラルドグリーンに染まる海を眺めながら、美ら海水族館へ到着しました。巨大なジンベエザメやマンタ、イルカのショーなどを楽しみ、生徒たちも明るい表情へと一変しました。

 

3日目は、快晴で無風という最高の天候に恵まれ、本部港からフェリーに乗り伊江島へ渡りました。午前は、磯釣り・クラフト・島ぞうり彫り・沖縄お菓子作り・三線体験の五つに分かれ、島の方々から心温まる丁寧なご指導のもと、楽しく体験学習を行いました。午後は、見学プランに基づき、島全体を見渡せる城山、子宝伝説のあるニャティヤ洞、断崖の絶景地ワジー等を巡るサイクリングを行い自然を満喫しました。最終集合場所である伊江ビーチでは、沖縄ならではの真っ白な砂浜・青い海を背景にそれぞれのクラスTシャツで記念写真を撮りました。

 

最終日は、琉球王朝の興亡を現代に伝える首里城を見学しました。最後の見学地、国際通りでは、班毎に昼食を摂り、お土産を買い求め、一路東京へ向けて帰京の途につきました。

 

今回の修学旅行は4日間、天候にも恵まれ、沖縄の歴史・文化・自然など多くのことを有意義に学ぶことができました。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲